URLスキーム

workflow://
workflow://create-workflow

ワークフローの新規作成画面を開きます。
“My Workflows”において「+ Create Workflow」をタップした時と同じ動作になります。

workflow://run-workflow?name=[name]&input=[input]

name

実行するワークフローの名前。
URLエンコードを済ませたものを[name]の部分に書き入れます。

name=Quick%20Look
“Quick Look”という名前のワークフローを実行

input (optional)

ワークフローの入力に使用するものを指定します。
URLエンコードを済ませたものを[input]の部分に書き入れます。

input=text
inputのタイプがテキストである

input=clipboard
クリップボードを取得してinputとする
クリップボードを取得するように組まれていないワークフローに対して、クリップボードを入力として受け取らせることができる

input=hogehoge
“hogehoge”という文字列をinputとする

text (optional)

input=textとした場合に、そのテキストの本文をこのオプションで指定

input=text&text=hogehoge
“hogehoge”という文字列をinputとする

これは、
input=hogehoge
とした場合と同じです。

例1

workflow://run-workflow?name=Expand%20URL&input=clipboard

クリップボードを入力として「Expand URL」という名前のワークフローを実行します。

例2

workflow://run-workflow?name=Expand%20URL&input=text&text=clipboard

“clipboard”という文字列を入力として「Expand URL」という名前のワークフローを実行します。

workflow://import-workflow?url=[url]&name=[name]

https://workflow.is/workflows/において、「GET WORKFLOW」をタップした時に実行されるURLです。

url

インポートするワークフローファイルのURLを指定。

url=https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflow

name (optional)

インポートするワークフローの名前を指定
URLエンコードを済ませたものを[name]の部分に書き入れます。

このオプションを使用しない場合は、https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflowxxxxxxxxxxxxの部分が名前に使用されます。

name=Quick%20Look
「Quick Look」という名前でワークフローをインポート

silent (optional)


デフォルトでは、ワークフローをインポートした際、ワークフローを開いて中身を見せるという動作が行われますが、

silent=true

としてこのオプションを有効化すると、インポート後に開く動作をしないようになります。

workflow://import-workflow?url=https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflow&name=View%20Source&silent=true

「View Source」という名前でワークフローをインポート(サイレントオプションON)します。

workflow://x-callback-url/run-workflow?name=[name]&input=[input]&x-success=...&x-cancel=...&x-error=...

ワークフロー実行のURL、ワークフローのインポートURLと組み合わせて使用します。

x-success (optional)

ワークフローが正常に完了した場合、インポートが正常に完了した場合に開くURLを指定します。

ワークフロー実行完了の場合は、ワークフローのテキスト出力がresultという名前のパラメータとしてx-success-urlに付与されます。

x-success=twitter:
正常に完了した後に、Twitterを開く

x-cancel (optional)

ワークフローを途中でキャンセルしたり、ワークフローのインポートをキャンセルした場合に実行するURLを指定します。

x-error (optional)

何かしらのエラーが起こった時に実行されるURLですが、意図的にエラーを起こしてみても何も起こらないので詳細不明です。

例1

workflow://x-callback-url/run-workflow?name=Expand%20URL&input=clipboard&x-success=drafts4:

クリップボードを入力として「Expand URL」という名前のワークフローを実行し、実行後にDraftsを開きます。

例2

workflow://x-callback-url/import-workflow?url=https://workflow.is/workflows/xxxxxxxxxxxx.wflow&name=View%20Source&silent=true&x-success=evernote:

「View Source」という名前でワークフローをインポート(サイレントオプションON)した後、Evernoteを開きます。

▼公式ギャラリーのメインページを開く

workflow://gallery

▼公式ギャラリーを検索

workflow://gallery/search?query=evernote
コメントを入力:
M H H᠎ T J