タグ、クラス、IDを指定してHTMLの要素を取得する自作アクション「Get HTML Elements」

inputしたHTMLのテキストから要素を抜き出すワークフローです。

↓ こういうソースをdivタグ取得を指定してこのワークフローにInputすると

↓ こういうリストが抜き出されます


[Input](複)
Text, Dictionary

[Result]
Texts

インポート

https://workflow.is/workflows/ca3133cca32d4d14897664196e07178a

スポンサーリンク

使い方

ソースのHTMLをアイテム1、ターゲットを指定するDictionaryをアイテム2としたリストをRun WorkflowにInputします。

タグ名を指定して取得

▼これが一番簡単

▼これでもOK

クラスを指定して取得

タグ名とクラス名の両方を指定する必要があります。

▼これが一番簡単

▼これでもOK

注意点

クラス名の記述は、並び順やスペース等を完全に一致させて下さい。

たとえば ↓ のように記述された要素を取得する場合は

↓ このように書く

 

↓ のように記述された要素を取得する場合は

↓ このように書く

IDを指定して取得

タグ名とIDの両方を指定する必要があります。

▼これが一番簡単

▼これでもOK

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。